『生きるのがつらい…境界性パーソナリティー障害とは?』メンヘラと呼ばれる人の向き合い方

この記事は約4分で読めます。

初めに

境界性パーソナリティー障害を患っている人は、インターネット上でいわれるメンヘラという言葉が当てはまるといわれる。このような境界性パーソナリティー障害を患っている人はインターネット上でも多くみられている。
 
このような事例をハートネットtvの「生きるのがつらい…境界性パーソナリティー障害とは?」から見ていきたいと思う。
 

「生きるのがつらい…境界性パーソナリティー障害とは?」
「生きるのがつらい…」境界性パーソナリティ障害とは? - 記事 | NHK ハートネット
感情・行動・対人関係の不安定さから、社会生活に著しい苦痛や支障を引き起こしてしまう「境界性パーソナリティ障害」(BPD:Borderline Personality Disorder)。うつ病や不安障害、摂食障害、依存症などの背後に、境界性パーソナリティ障害があるケースも少なくありません。当事者や周りの人たちから寄せら...

要約

境界性パーソナリティー障害とは

境界性パーソナリティー障害障害(Bordering Personally Disorder)とは、感情・行動・対人関係の不安定さから社会生活に支障が出る精神疾患である。具体的には、見捨てられることへの不安、激しい感情の変化、自傷行為などがあげられる。
 
見捨てられることへの不安としては、過剰に恋人などに対して、思い込みをしてしまうといったことがあげられる。それによって、夜中に恋人などの家に押し寄せてしまうといった異常な行動を起こしてしまうことがある。
 
激しい感情の変化としては、家族に攻撃的な言葉を浴びせてしてしまう。しかし、そのあとは反省して落ち込んでしまう。しかし、悪いことをしたと思っても感情をコントロールすることができないため、誤ることができない。
 
自己否定・自傷行為としては、どんなに評価されても自分に自信を持つことができない。過去の失敗を思い出し、また失敗してしまうのではないかと思い込んでしまう。それによって、リストカットといった形で自傷行為をしてしまう。
 
これらだけでなくて、境界性パーソナリティー障害(Bordering Personally Disorder)の症状は多様である。そして、このような行動を何度も繰り返してしまい、本人だけでなく家族や周りの人に生きづらさを感じさせてしまう。
 

境界性パーソナリティー障害障害(Bordering Personally Disorder)の特徴は、・思い込みによって異常行動をしてしまう見捨てられることへの不安・感情をコントロールすることができない激しい感情の変化・褒められても自信を持つことができない自己否定・自傷行為

 

境界性パーソナリティー障害の原因

この境界性パーソナリティー障害(Bordering Personally Disorder)の原因として考えられるのが、幼少期の親との関係である。いちさんのの例では、幼少期のころから「この子はどうしてこんなに出来が悪いの」と殴られたり、精神的にも肉体的にも親から虐待を受けてきたという。そのように幼少期から愛を受け取ることができないことにより、恋人などからも同様に愛されることがないと思い込んでしまうという。

境界性パーソナリティー障害への向き合い方

境界性パーソナリティー障害(Bordering Personally Disorder)で自己否定してしまう人はどのように対応していったらいいのだろうか?精神科医の岡田尊司さんは「(当事者は)100%満たされようとするのではなく、50%で満足してしまおう」と心がけることである。つまり、相手に期待しすぎないということである。
 
また、岡田さんは客観的に記録していくことが必要であるという。そうすることによって、過剰反応していることに気づくことができるという。そして、同様のシチュエーションとなった時に適切に対応することができる。ととさんによると、「ノートに取ることによってすっきりすることができ、効果を感じた」と言う。
 
本人だけでなく、親や友人、恋人に協力してもらう必要性があるという。また、彼らだけでは太陽は難しいので、行政や専門家といった第三者の介入が必要である。それは、当事者だけでなく、周りの人の支えとなる。
 

境界性パーソナリティー障害への対処(本人)・相手への期待をしない。・客観的に自分を見るためのメモ(周りの人)・親や友人、恋人の協力・行政や医療従事者といった第三者の介入

 


境界性パーソナリティー障害の反応


こうした友達が境界性パーソナリティー障害への理解があるとお互いに友達付き合いがしやすいと思う。


上記の事例では、境界性パーソナリティー障害は親の幼少期の教育によるものが大きいとしているが、いじめといった友人関係も影響の場合もあるようだ。


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
 
境界性パーソナリティー障害を患っている人は身近にいるかもしれないし、もしかしたら自分も患っているかもしれない。そのため、境界性パーソナリティー障害への理解は必要である。そうした社会はより彼らにとっても生きやすいかもしれない。


 

タイトルとURLをコピーしました