【育児放棄で3歳女児死亡】児童虐待や育児放棄を防ぐには

この記事は約3分で読めます。

初めに

現代の問題の1つとして、児童虐待が挙げられるだろう。現代、児童虐待や育児放棄の数は増えている状況にある。

 

このような背景の中で、東京で育児放棄で3歳女児死亡するという事件が起きた。


育児放棄で3歳女児死亡

育児放棄で3歳女児死亡の概要

東京都大田区蒲田の自宅マンションに長女を8日間置き去りにして死亡させた。そのため、7月7日母親の梯沙紀容疑者(24)が保護責任者遺棄致死の疑いで警視庁に逮捕された。梯容疑者は知人の男性に会うため、8日間鹿児島に出かけていた。

 

亡くなった稀華ちゃん(3)は部屋で一人きりで、母が帰ってくるのを待ち続けていたとみられる。食料や水として、お茶やお菓子をおいて、豆電球とエアコンをつけていったとされている。捜査関係者によると「泣きつかれて、眠ってを繰り返し、衰弱していったのだろう」と唇をかむ。

 

育児放棄に周りの人は気づかない

近くに住むコンビニ店の女性によると、梯容疑者は娘をかわいがり、仲がいい親子であったということから、育児放棄には気づかなかったという。

 

また、3歳児健診を受けなかったことによって、児童相談所も稀華ちゃん(3)に対する育児放棄にも気づかなかったとされる。

 

虐待加害者の特徴

育児放棄を含む虐待事件の加害者は「前回は大丈夫だったから、今回も大丈夫だろう」と自分を正当化して虐待を繰り返し、次第に制御が効かなくなって、子供が死亡してしまうことが良くあるという。

 

このような情業を防区ぐためには区や保育所、要保護児童対策地域教義化の中で情報共有が適切に行われていたのかを検討する必要がある。


児童虐待や育児放棄の現状

児童虐待とは

18歳未満の児童に対しその保護者または同居人がおこなう以下の行為①身体的虐待、②心理的虐待、③性的虐待、④ネグレクト(育児放棄)とされている。

虐待は実母によって行われるものが50%を超えている。しかし、検察庁に検挙された事件では男性が71%を超えている。これは、刑事事件の原因となる身体的虐待の割合が男性が多いためと考えられる。そして、児童虐待の数は年々増えている。

 

児童虐待の原因

児童虐待には親、家庭事業、子供などといった様々な原因がある。親による児童虐待の要因は、親の日虐待歴や体罰を容認する思想、精神疾患、判断力がないといったものが挙げられる。

 

家庭環境では、DVや離婚、経済的不安定などによる夫婦関係が不安定であることが挙げられる。また、孤立家庭であれば、相談相手や協力者がいないため、支援を求めることができないという。

 

子どもの要因としては、育てにくい性格の子供や育児に手間がかかる子に対して、児童虐待の数が増えるという。また、望まない妊娠によって産まれた子に対して、虐待するケースがある。


育児放棄で3歳女児死亡への反応


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

このような育児放棄を含む児童虐待は母親といった関係者だけではなく、育児を行政や近所の人と行っていくことによって、防ぐことができる。そのため、地域で子育てを行っていけるような環境を作る必要がある。


 

タイトルとURLをコピーしました