『脳波で思いを伝える技術』脳波を用いた技術が人類を自由に

この記事は約3分で読めます。

初めに

人間の科学技術の発展によって、人々は日々の生活がより充実したものになっているという部分もある。

 

その一つの例として、脳波が取り上げられている「脳波で思いを伝える技術」を見ていきたいと思う。


要約

脳波を用いた技術

自分が思っただけで家電が動くということが実現するかもしれない。ニューロサイエンティストの荻野幹人さんは脳神経科学の研究を行う。萩野さんは、「脳波は毎日研究しているが予想しないことをする」という。

 

萩野さんは脳波を使って意思を伝えるNOUPATHY(脳+テレパシ―)を作成した。このNOUPATHYは脳波計とタブレットがあれば実現する。イメージした音の脳波ごとにそれぞれの意思を洗濯することができる。

 

NOUPATHYの役割

このNOUPATHYはもともとは自らの意思を伝えることが難しいALS(筋萎縮性側索硬化症)の人が体を動かすことなく意思を伝えるために作られた。彼らは目も見えず、言葉も発せない、体も動かせないという「閉じ込め状態」となってしまう。

 

脳さえ正常に動けば、どんな障害ももろともしない世界が訪れるかもしれない。SF作家の巨匠アーサー・C・クラークは「十分に発達したテクノロジーは魔法と見分けがつかない」という名言を残している。


脳波の研究

脳波の研究の歴史

『脳皮脳波を使ったBMIのコミュニケーション』によると、古くは1971年に米国においてBMI(Brain-Mashine Interface)の研究が始まり、その原型が示された。2000年台に入ると実証実験が相次いで発表されるようになり、BMI は工学や医学などを専門とする世界中の研究者を巻き込んだ一大研究フレームである。

 

現代のBMI研究

BMI研究には大きく分けて2種類がある。その一つが、骨髄損傷や筋萎縮性側索硬化症など有効な治療法が確立されていない疾患をもつ四肢麻痺患者を対象として、四肢の運動を介さずにロボットやコンピューターの操作を可能にする「機能代替型BMI」である。「脳波で思いを伝える技術」ではこちらの紹介がされていた。

 

もう一つが脳卒中などで障害された脳機能を回復させるため、BMIの技術を用いて機能を回復させようと利用する「機能回復型BMI」がある。


脳波測定による技術

脳波測定による運転支援技術

NISSAN MOTOR CORPORATIONによるとドライバーの脳波を検知し、リアルタイムに車の制御に活用することで、思い通りのより良いエキサイティングなドライビングを提供すると述べている。

 

これの利点は2つある。1つは思い通りにコントロールすることによって、運転が楽しくなる。もう1つは、自動運転を自分に最適にカスタムすることができるため、違和感がなくなる。それによって、事故を防ぐことにつながる。

脳波で飛ばせるドローン

脳波操縦型ドローン「UDrone」では、脳波モードでもスマートモードでも飛ばせるものである。

 

脳波を読み取るヘッドギア「UMind Lite」を装着したら、あとは深く思考するだけで、集中力レベルが150に達すると上昇する。 頭を左右に傾けて移動、奥歯を噛むことで着陸させる。


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

脳波によって、場外を持った人々が自由に暮らせるだけではなく、一般の人々の生活にも光をもたらしてくれるものになるだろう。これからの脳波を使った技術に期待である。


 

タイトルとURLをコピーしました