『広がる少女売春”JKビジネス”の闇』少女売春をする女子高生の拡大

この記事は約3分で読めます。

初めに

現代では青少年健全育成条例といった形で、18歳未満の子供たちを守る法律がある。その一方で、インターネットを通して、売春をする女子高生が存在している。

 

このような実態を「広がる少女売春”JKビジネス”の闇」を通してみていきたいと思う。


要約

「JKお散歩」とは

夏休みの東京では制服姿で客引きをしている姿が見られる。これは、女子高生と1時間8000円ほどで、女子高生と「JKお散歩」をしているという。売春の温床となるJKビジネスが全国に広がっている。アメリカの「人身売買」報告書では「JKお散歩」は人権問題であるとしている。

 

このような女子高生の体を売るような行為は、ここ最近でより増えている。その背景としては、スマートホンの普及によって、容易に客とのつながりを持つことができるようになったという。

 

ある女子高生は「JKお散歩」のオプションとして、ハグ1分1000円、添い寝5分1500円のような性的なものを用意している。そして、客の中では、より過激な性的な要求を行う人もいるという。

少女売春を行う理由

少女売春が広がる理由としては、上記で述べたようなスマートホンの普及によって、客とのつながりを持つことがより容易になったことが挙げられる。

 

また、学生の6人は日本での平均より低い生活をおくっているという相対的貧困であるというように、学生の貧困が広がっていることによって、家族を支えるために、高校生がアルバイトをする必要があるといった点が挙げられる。

児童買春の取り締まり

女子高生が児童買春をネット上で持ち掛けるようなケースがある。それに対して、警察庁では客のふりをして、少女たちと落ち合うことによって、サイバー補導を行っている。

 

サイバー補導は警視庁の調べによると、半年の間で全国で220人であり、大半の少女は補導歴はなかったという。ある警察官によると、「すべての女子高生の書き込みを把握できるわけではない。」と述べている。

 

業者の摘出は以前は、店の中でJKビジネスがおこなわれていたため、摘発が簡単であった。しかし、最近では女子高生が外で客引きをしているため、業者との結びつきを証明することが難しくなり、摘発があまりできていない状況である。

少女たちを支える取り組み

女子高生サポートセンターの代表 仁藤夢野さん

女子高生サポートセンターの代表である仁藤夢野さんは講演会や寄付をもとに得た資金で、売春をしている少女たちをいくつかのサポートしている。

 

1つは、売春をしている少女に対して、売春をやめるような声掛けを1人1人に行っているという。ある女子高生によると、「こういった形で話を聞いてくれる人はいない」と述べている。

 

もう1つは、こういった売春をしている少女は、家族や学校に居場所がない人がおおいため、信頼できる大人としての役割である。ある女子高生に対しては、ここ数年誕生日で祝われていないため、誕生日位階を開いたり、彼女の夢を支援する活動を行っている。

 

一般社団法人Colabo(コラボ)|女子高校生サポートセンター – 一般社団法人Colabo(コラボ)は「若者(女子高校生)と社会をつなぐきっかけの場づくり」事業を展開し、少女たちの自立支援を行っている

少女売買の原因

子どもの貧困の実態

一見どこにでもいる生徒でも、教師たちに見えない貧困の実態が見えてきた。半数の高校生がアルバイトをしている理由を生活費を稼ぐためと答えた。子供の6人に1人はその国の平均より低い生活をおくっている相対的貧困に陥っている。

 

相対的貧困は平均年収にすると一人暮らしだと122万円、家族だと244万円未満で生活している人のことを指す。家族の場合だと、月給20万円みまんになり、ぎりぎりいきていけそうにみえる。

ある高校二年生の女性は非正規の母親の収入を補うために、バイトの掛け持ちをしている。そのため、彼女は平日4時間、休日8時間働いている。彼女は「ちゃんと自分で稼いで、少しでもお母さんが楽になればいい」と述べている。

続きは…

『見えない"貧困"~未来を奪われる子どもたち』クラスの中ある貧困
この記事は約3分で読めます。
子どもたちの貧困・6人に1人は貧困。・家庭で244万円未満で生活している子供は貧困である。

少女売春の事件

プチエンジェル事件

プチエンジェル事件とは、2003年7月に東京都赤坂にあるウィークリー・マンション一室で起きたもので、小学6年生の少女が誘拐された事件である。プチエンジェルとは犯人が経営していた自動売買デートクラブの名称ないし会社名である。

 

犯人は無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営。女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

女性校生の売春を減らすためには、客の意識の変化や取り締まりの面と女性後世たちの意識の変化どちらも必要である。そういった面で、警察の取り締まりや女子高生サポートセンターのサポートは必要である。


 

タイトルとURLをコピーしました