【広島への原爆投下から75年】2020年の平和への動き

この記事は約2分で読めます。

初めに

2020年8月6日で広島への原爆投下から75年が経つ。日本人にとっては、小学校から平和学習がこの日に行われていたため、戦争や平和については考えてしまうような日なのではないかと思う。

 

そのため、2020年8月6日の原爆投下に関するニュースを見ていきたいと思う。


平和に関するニュースまとめ

平和祈念式典

広島は原爆投下から75年経過している。平和公園では、例年通り平和記念式典が行われた。新型コロナウイルスの影響で訪れる人の人数は少なかったという。また、座席の間隔は2mほど開ける必要があり、座席数も例年の1割である。被爆者の平均年齢は83.31歳で13万6683人しかいないため、当時の惨劇を話すことができる人は少なくなっている。

 

【LIVE】被爆75年・広島市平和記念式典中継

アメリカ国務省の声明

アメリカ国務省はより平和な世界を作るという声明をあらわにした。アメリカ国務省は8月6日と8月9日は過去を振り返り清和な世界を作る決意をあらわにする日であり続けていると述べている。広島と長崎の式典にはアメリカの首席公使が出席するという。ポンぺオ国務長官は「核兵器のない平和のためにはアメリカ、中国、ロシアでの戦略的な対話が必要である」と述べている。

 

原爆投下75年 米国務省「平和な世界を作る決意」(20/08/06)

丸木美術館への寄付

半世紀にわたって原爆の絵を展示してきた埼玉県東松山市の丸木美術館は新型コロナの影響で運営の危機に直面していたが、全国からの5800万円の寄付金が集まり再開を決めた。ここには、被爆者による被ばくした人を描く図を展示している。8/6夕方に追悼の意味を込めた灯篭を流すことを決めている。

 

「原爆の図」美術館に運営危機 全国から寄付で再開(20/08/06)

原爆投下から75年への反応


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

原爆が投下されたという悲惨な過去は変えることはできない。しかし、こういった悲惨な過去から人類が考え、学ぶことはできる。8/6はそういった日になればよいと考える。


 

タイトルとURLをコピーしました