『子供の性同一性障害 揺れる教育現場』日本での性同一性障害への理解

この記事は約3分で読めます。

初めに

いろいろな個性が認められてきている中で、ジェンダーアイデンティティという点も焦点を集められるようになった。性同一性障害もそのひとつである。

 

そのような状況を『子供の性同一性障害 揺れる教育現場』から見ていきたいと思う。

 


要約

性同一性障害とは

性同一性障害とは、体は男性でも心は女性、体は女性でも心は女性といった体の性と心の性が異なるといったものである。これは、心の性に合わせる手術を受けたり、個性上の性を変えることができるようになってきた。

 

学校においては、性同一性障害によって、不登校に陥ったり、自傷行為に走ってしまうなどのケースが明らかになってきた。文部科学省は、性同一性障害の生徒に対しての対応を学校に求めている。学校側の性同一性障害への理解があまりなく、施設や修学旅行など学校の対応が求められる。

 

学生の性同一性障害

学生で性同一性障害の人は、自分のありのままでありたいと思いつつ、からかわれるのを恐れてしまうことが多い。それが原因で、自己肯定感が低下してしまい、不登校や自傷行為などをしてしまうことがある。ひどい場合では、自殺願望が出てきてしまう。

 

性同一性障害当事者の実態アンケートでは、6割近い人が自殺をしたいと思った経験をしており、3割の人は自殺未遂をしているという現状にある。特に、中学生になると思春期で声変わりや体の変化で性がより明らかになったくる。そのため、中学生以上になるとより苦しむ人が増えてくるという。

 

学校での取り組み

奈良県では「多様な性についての人権学習教材検討部会」が行われ、性同一性障害を子供たちにどのように伝えるか党いものが行われている。教師の中での性同一性障害について出身養成機関で学んだことがあると答えた人はわずか8.1%であり、少数である。この検討会で話し合われたものが、教材として生徒に配布されるという。

 

性同一性障害に具体的な取り組みをしている学校もある。その学校では、異性の制服の選択や別名を名乗ることが認められている。また、多目的トイレの利用や別室での着替えを行うことによって、1つ1つ性に関する問題を解決していっている。


日本の性同一性障害の現状

性同一性障害に関する法律

性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律とは、2003年に成立した日本の法律である。この法律は性同一性障害者のうち特定の要件を満たすものにつき、家庭裁判所の判決により、法令上の性別の扱いと戸籍上の性別記載を変更することができる。

 

異性のトイレの利用

2019年、戸籍上は男性だが女性として勤務する性同一性障害の50代職員が、女性用トイレの使用を制限されたのは違法だとして、東京地方裁判所で裁判を行った。そこで、江原健志裁判長は女性用トイレの自由な使用を認めなかった人事院の判定を取り消し、国に132万円の賠償を命じた。

 

江原裁判長は判決理由で、女性用トイレの使用制限を「辞任する性別に即した社会生活をおくるという重要な法的利益の制約に当たる」と指摘した。NPO法人「虹色ダイバーシティ」は今回の判決について、「同じ悩みを持っている人には希望になるし、社会的にも変わっていく契機になる」と述べた。

 


性同一性障害への声

女性に性転換されたトランスジェンダーの方が、転職活動などで始めて社会的な男尊女卑を味わい、男に戻したい、生活に関わる、と語る記事を読んだことがあります。ずっと女性が羨ましいと思っていたがそれもなくなったと。

「でしょうね、お分かりいただけましたか?」と思う気持ちと、いやいや男なりの大変さもあったんじゃ…?とも思ったり。

自分は他人とは違うと決め付けているのは他ならぬ自分自身では。
生粋の男、生粋の女だって日ごろから常に色メガネで見られてますよ。
やれ顔の作りが〜身長が〜体型が〜性格が〜ってね。
誰から見ても立派だと思われる人間ならば周りはきちんと見てくれると思いますけどね。他人がどうこうではなく、要は気の持ちようです。


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

上記の内容から日本でも性同一性障害への理解が広まりつつある現状にあると思う。しかし、性同一性障害者への差別や理解のない言葉はまだ残っている。


 

タイトルとURLをコピーしました