【サンマが過去最低の不漁】サンマの漁獲量減少の原因は

この記事は約3分で読めます。

初めに

例年、サンマの取れる量は減っていっている現状にある。サンマは秋の風物詩であるため、日本人の食事には欠かせないものである。

 

今年のサンマの初売りでは過去最低の不漁を記録した。そういった現状とその理由を見ていきたいと思う。


サンマが去年の4倍の高値に

サンマの不漁

8月24日、サンマ漁の主力となる棒受け網漁の初売りが北海道で行われた。サンマの値段は1kg1万円を超える高価で取り引きされた。このねだんは去年の4倍以上の値段である。地元の直売所では大きいもので1匹1200円と過去最高の値段で販売される予定である。

 

値段の高騰の背景には、今年のサンマの不作にある、今年の厚岸港の初水揚げ量は、900キログラムである。この量は去年の24トンに比べると4パーセント未満である。水産庁は、今年の水揚げ量は過去最低だった去年を下回ると予想している。


例年サンマが不漁な理由

サンマのルートの変化

サンマ漁は基本的には太平洋で行われる。日本がサンマ漁を行うことができる場所は限られており、他は外国の公海となっている。最近はサンマのルートが日本よりではなく外国の公海よりになってきている。

 

その原因としてはサンマは低い水温を好んで移動する。ここ数年は、地球温暖化などの環境問題によって日本周辺の水温は高い。そのため、日本船が漁をすることができる場所からサンマの回避ルートが外れてしまう。

 

他国の漁

1960年代には日本歯科漁獲していなかった。しかし、近年では中国や韓国、ロシア、台湾でもサンマ漁がおこなわれるようになった。しかし、例年の漁獲量のグラフによると、これらの国が乱獲を行っているわけではないという。

 

そのため、専門家によると外国船が先に漁を行っているため、サンマの量が減っているわけではないという。むしろ、自然現象による影響が大きいとしている。しかし、このまま量を続けて問題がないわけではない。これ以上の減少がある場合、漁獲量制限などを行う必要があるかもしれない。


サンマの不漁への声

漁獲量制限もせずに捕り尽くしていなくなったサンマ

知恵が無さ過ぎる

1か月前位の釧路での初水揚げも不漁でした。
確か1匹6000円近くで店頭に。
これからの秋に期待したいが、難しそう。
今度の競りでどうなるだろうか。
うなぎよりサンマが高くなるとは。


まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

サンマの漁獲量の減少には環境の変化が大きな影響がある。また、多国の漁獲量の拡大にも影響がある。そのため、漁獲量制限を考えなければならないかもしれない。


 

タイトルとURLをコピーしました